整形で失敗したくない!そんなあなたにBBちゃんねる

シミの種類を知ろう!シミ・そばかすを取る前に。

「気がついたら急に顔にうす茶色いシミが出てきたような・・」
「若い時からからそばかすのようなシミがたくさんある・・」
「にきびがあったところにシミみたいのができた・・」

人によって気になる顔のシミ(色素斑)の症状は様々です。果たしてそれは本当にシミでしょうか?
シミの種類によって治療法も異なりますので、レーザーによる治療を考えている方も、まずは自分で少し予備知識をつけてからクリニックの診断を受けてみませんか?

そばかす

雀の卵殻に似ているため雀卵斑(じゃくらんはん)とも呼ばれています。
鼻を中心に顔全体に散らばったように、不規則な形で、サイズも様々な斑点が出る症状を指します。色は淡褐色。遺伝的な原因が大きく、子供のころから出てきて、成長とともに増えたり、小さなそばかすが連なって大きなシミに見えてしまうこともあります。紫外線の影響で濃くなることもあります。白人に多く見られ日本人では色白の人にできやすい傾向があります。

肝斑

肝斑は、女性ホルモンの乱れが主な原因で、顔の頬骨や額に左右対称にできる濃淡均一な薄褐色のシミです。
出産後の女性や、更年期にさしかかってホルモンバランスが崩れがちな30代後半から50歳位の女性によく見られます。閉経とともに消えていくことがほとんどで、60代以降の女性や男性には少ないです。
女性ホルモンのバランスが崩れると、肌の表皮のケラチノサイトが刺激されてメラノサイトを活性化してメラニン色素をより多くつくり出し、シミとなって現れたのが肝斑です。紫外線の慢性的なダメージも関与しています。また、日焼けで悪化することがあるので注意が必要です。
ストレスを感じることでホルモンバランスが崩れ、肝斑が濃くなる場合もあるようです。その他、妊娠中やピルの服用中に現れる場合があります。

老人性色素斑

シミに中で最も多く、紫外線を浴び続けた積み重ねによってできるシミが、老人性色素斑です。「日光性黒子」とも呼ばれます。
20代後半から30代以降に現れます。日焼け後すぐシミになるのではなく、紫外線によって徐々に肌にメラニンが蓄積されたことが原因で、収まり切れずにあふれてシミとなって出てきます。
紫外線に当たった肌は、細胞を傷つけないようにメラニン細胞を活性化させてメラニンを生成し、肌が黒くなります。つくられたメラニンは、本来ターンオーバーによって角質とともに垢となって排出され、元の肌色に戻ります。しかし紫外線を浴びすぎたり、代謝が落ちたりするとメラニンの生成が蓄積されて、ターンオーバーでは排出が間に合わず、肌に色素沈着として残り、シミになります。
頬の高いところや顔をはじめとして、手の甲や背中、首回りなどにも現れます。
特に、野外のスポーツをやっていて日焼けをすることが多かった人や、紫外線対策をしてこなかった人は要注意です。

炎症後色素沈着

ニキビや傷、摩擦などの炎症が肌に起こって、その跡がシミとなったものが炎症後色素沈着です。
肌にできたニキビや傷、虫さされ、かぶれ、湿疹、やけどなどの炎症が原因です。肌に炎症が起きた時、メラニン色素を作り出すメラノサイトが刺激を受けてメラニン色素が合成されます。そのメラニン色素が肌に残ってしまったものが、炎症後色素沈着です。肌の炎症が治まり赤みがひいてから、シミが現れます。つぶしたニキビなどの炎症はシミになることが多く、紫外線に当たると色素沈着しやすいので注意が必要です。

また、日本人はファンデーションをつける人も多く、洗顔やクレンジング、強い力でフェイスマッサージをするなど、肌をこすって炎症し、炎症後色素沈着になる事が多いようです。むだ毛を毛抜きで抜いたために毛穴の周囲に炎症が発生して、跡が残るのも炎症後色素沈着のひとつです。
炎症後色素沈着はターンオーバーによってメラニンが排出されれば、時間の経過で自然に消えることが多いのですが、加齢などによって消えるまでに数年かかり、また、日焼けにより色素沈着がより強くなり、消えずに肌に残ることもあります。

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

脂漏性角化症の発生の原因は、紫外線の影響や皮膚の老化です。高齢者の顔などに多く見られる少し盛り上がった、茶色~黒色の表面が少しざらついたできものです。最初はシミがあり、そこが徐々に盛り上がって脂漏性角化症に成長することもあります。手の甲に出来るケースも多いと言われています。色調は健康な皮膚に近い色調のものから黒色調のもの、大きさは数mmから2~3cmくらい、形状はわずかに盛り上がるものから突出したしこりになるものまで様々です。
脂漏性角化症と思っていたものが、実はメラノーマ(ほくろの癌)であったということもありますので、注意が必要です。もし見つけたら医師の診察を受けましょう。

ADM

ADM(Aquired Dermal Melanocytosis)は、後天性真皮メラノサイトーシスと呼ばれています。
アジア人や女性、20~30代から発生することが多く、両頬の上部や鼻翼部の左右対称に多発する傾向にあるシミ(アザの一種)です。点々とした色素斑が青みががかって見えます。同じ部分に他のシミと混在していることが多く、特に肝斑との識別は難しくなります。ADMと肝斑の治療法は異なり、診断を間違えると効果どころか悪化させてしまうため医師に相談しましょう。
そのため、ADM+肝斑というような場合はまずは肝斑の治療を優先して行います。
ADMの場合は、表皮ではなく、より深層の真皮に色素細胞が見られます。回数・時間は要しますが、現在はQスイッチレーザーを使うことで瘢痕を残さず治療することが可能です。
ADMの発生原因はいまだはっきりとは解明されていないこともあります。

自分の気になるシミは何かわかりましたか?

今は、無料で相談・カウンセリングをしてくれるクリニックや、メールでの相談を受付しているところもあります。シミ取りは簡単と言われていますが、やっぱり顔にあるものだから不安もあります。濃く大きくなる前に、自分の将来のために相談だけでもしてみることをおすすめします。

シミを取ることをきちんと相談できるクリニックへ行きましょう。

シミ取りレーザー
5000円~
シミ取りレーザー
2430円~
QスイッチYAGレーザー
5000円~
シミ治療
5400円~

人によって気になる顔のシミ(色素斑)の症状は様々です。果たしてそれは本当にシミでしょうか?
シミの種類によって治療法も異なりますので、レーザーによる治療を考えている方も、まずは自分で少し予備知識をつけてからクリニックの診断を受けてみませんか?

2017-04-28現在の情報です。料金・詳細情報は公式サイトで最新の情報をご確認ください。